性格が左右する

おすすめのFX会社ランキング

FX会社の選び方はいくつかあるのですが、絶対に外せないポイントは

1.約定力
2.スプレッドが狭い
3.各種アプリが使いやすい

ということです。
クイック入金が自分の持っている口座に対応していない場合がありますが、銀行口座くらい無料ですから専用に作りましょう。
そのほうが利益が出たときの確定申告が楽ですから。

では、以上3点から見たFX会社ランキングを見てみましょう。
もっとも、スプレッドや約定力は日々変わっているので、現段階での評価ということでお願いします。

まず裁量トレード派でMT4を必要としない人にお勧めなのが、

1.ヒロセ 2.マネーパートナーズ 3.SBI FX TRADE

です。
ヒロセとマネーパートナーズは約定スピードに定評がある上に、サポートを含む顧客満足度がぶっちぎりで高いです。
マネーパートナーズはほかの業者が最小1000通貨からのところ、100通貨単位での取引をサポートしています。
SBIにいたっては4円からFXトレードが可能で、スプレッドは超劇狭の0.1銭から。
アプリもスマホ向けを含め、使いやすいものが完備されています。

ハイレバレッジが魅力の海外口座を見てみましょう。
税制面を考えると利益を出している人は法人口座を開設したほうがよいのですが、そこまでできない人が200倍以上のレバレッジをかけたい場合は、海外口座という選択肢になります。

評価は分かれるところだと思いますが、

1.FXDD 2.ペッパーストーン 3.Forex.UK

でしょうか。
FXDDはもっとも日本人に馴染み深い海外口座です。
日本人利用数ではペッパーストーンに1位の座を明け渡しましたが、日本語サポートが充実しているのが人気の秘密です。

ペッパーストーンはなんと言ってもスプレッドの狭さが魅力。
レイザー口座と呼ばれる口座を選択すると、国内口座並みのスプレッドでトレードをすることができます。
また通常、海外口座での出金は紙で印刷した申込書に署名を入れて、スキャンした上でメール添付するのですが、ペッパーストーンの場合すべてオンラインだけで完結します。
また、FXDD同様、銀行振込での入金は国内扱いになるので手数料が大変お得です。

Forex.UKは日本人の受け入れを拒否していた時期があり不安は残りますが、海外口座の中では比較的スプレッドが狭いのと、約定力が強いのが魅力です。

ちなみに国内口座だとMT4を使える業者は、サイバーエージェント、FXTRADE、FXCM、アヴァトレードジャパン、アルパリジャパン、Forex.comといったところくらいです。
MT4非対応口座に比べ、スプレッドが広めなのが残念です。
まずはFXの資料請求をしてみてください。

Copyright(c) 2013 トレンドを知る All Rights Reserved.