性格が左右する

FX取引で失敗したのはどんな時?

人間は誰でも失敗することがあります。
しかし、FXはそんな失敗から大けがをすることもあります。
だからこそ、先人の失敗から学び、自分の資産を守りたいものです。

初心者らしい失敗としては、ロングとショートを間違ってしまった、ロットを一桁間違えたり、前回エントリーしたロットが記憶されていてそのままエントリーしてしまったと言った操作上のミスがあります。
相場のあまり動いていない時だったらまだ傷は浅いでしょうが、強いトレンドが出ているときに大きなロットでスキャルピングを行っているときなどは致命傷になります。
ためらうことなく決済して、ダメージを最小限に抑えましょう。

席を離れなければいけないときに損切り・利益確定を入れ忘れたというのも残念な失敗です。
今では有名なトレーダーさんに、入れ忘れたまま寝てしまい数千万円の損失を出した人がいます。
この人は自分のお金だけでなく、親類などからもお金を預かって代行運用していたそうで・・・考えただけでも恐ろしいですね。
FXにロスカット制度があるのが、せめてもの救いです。
株の信用取引だったら、元本より損失の方が大きくなる可能性がありますからね。

後からわかる失敗もあります。
代表的なのが、エントリーが早すぎたという失敗です。

FXの場合、大切なのはエントリーより決済です。
上から下まで全ての利益を取ろうと思えばそれなりに気をつかう必要がありますが、トレンドにさえ乗っていれば多少乗り遅れても利益は取れます。
しかし、エントリーが早すぎるとトレンドが発生する前にエントリーする、悪い逆張りになってしまいます。
ベストポイントだと思ったら早すぎたというのは、よく聞く失敗談ですね。

そして一番多い失敗は、正常な精神状態でトレードできなかったという失敗です。
疲れているのにトレードしてしまった。
一度負けて、それを取り返そうとしてロジックを無視したエントリーをしてしまった。
その結果、相場が逆行しても損切りすることができず、ロスカットにあってしまった。

これらはよくある話ですが、どれも防ごうと思えば防げる話でもあります。
経験のある人もない人も、痛い目を見ないように普段から防止策をはっておきましょう。

FX取引の成功例はこちらをご覧ください。

Copyright(c) 2013 トレンドを知る All Rights Reserved.