性格が左右する

初心者にもよくわかるFXのしくみについて

FXを簡単に一言で説明すると、
「FXとは海外のお金を安く買って、それを高く売る投資」
ということになります。
1ドル100円のときにドルを買って1ドル150円のときに売れば、50円の儲けが出る、というのが利益の出る大まかな仕組みです。
FXの基本的な用語についてはこちらをご覧ください。

ただ、これだと普通の外貨預金と変わりません。
FXには外貨預金や外貨建MMFといった外貨金融商品と、徹底的に違う点が2つあります。
手数料が安い、スワップがつくなど細かい違いは他にもあるのですが、大きな違いとしてあげられるのはレバレッジがかけられることと、相場が下がる状況でも利益が出せるということです。

まず、レバレッジというのは証拠金を使うFXならではの魅力です。
1ドル100円のとき10万ドル分のドルを買おうと思ったら、普通なら100円×10万通貨=1000万円必要です。
しかしFXの場合、ある程度お金を預けてくれればFX会社が残額を貸してくれます。
そのため、レバレッジ25倍であれば40万円で、レバレッジ250倍なら4万円で、レバレッジ1000倍なら1万円で10万通貨という大きなお金を動かせます。
10万通貨あれば、1円動くだけで10万円利益が出るわけです。
そして決済が終われば、そのときに出た利益(損益かもしれませんが)と預かっていた証拠金を返してくれる。
小額の元手で、腕さえ良ければ大金を稼げるチャンスがくるわけです。

もうひとつのFXの大きな違いが、相場が下がる状況でも利益が出せること。
FXに限らずどんな投資でも、安く買ったものを高く売ることで利益を出すのが原則です。
しかしFXの場合、あとで買い戻すことを約束していきなり売りで入るという取引法があります。
意味がわからないでしょうから、具体例で説明します。

現在1ドル=100円だったとします。
1ドル90円になることを見込んで、「売ったこと」にして取引を始めるのが売りエントリー。
この場合、売ったドルが90円になったら10円分の利益が出ることになるわけです。

売りの意味を実感として理解しているトレーダーは、極僅か。
意味などわからなくても利益を出している人はたくさんいます。
買いエントリーは上がれば儲かり、売りエントリーは下がれば儲かるとだけ覚えておけば十分です。

FXと円高円安の関係はこちらをご覧ください。

Copyright(c) 2013 トレンドを知る All Rights Reserved.