性格が左右する

レバレッジで比較するFX会社

少額の資金で大きなお金を動かし、大きな利益を出せるレバレッジはFXの魅力の一つです。
最も、損失もそれに応じて大きくなるので、リスクのコントロールが必要になります。

このレバレッジ、日本国内で正規の許可を得てやっているFX会社は、全て最大25倍までと決められています。
ただし、これはあくまでも個人用口座の場合でのこと。
法人を対象にした口座では、以前のように100倍・200倍といったハイレバレッジでの運用ができます。
ハイレバレッジはリスクも高まりますが、ロスカットになりにくいというメリットもありますので、上手に活用したいものです。
専業で生活できる利益を確保できるようになったら、法人口座の開設も検討してみてください。

いくらリスクが低いとは言っても、個人用のレバレッジ25倍では物足りないと思うのもまた事実。
勝率が高く損切り幅の小さい手法が確立できているのであれば、もっと大きなレバレッジで資金を投入したいと思う人もいるでしょう。

約定力・スプレッド・税制面など国内口座に比べると劣る部分はありますが、それでもレバレッジを上げたいというのであれば海外のFX会社を使うという選択肢があります。

海外と言えば英語が分からなければ無理、と思いがちですが、最近ではどこも顧客集めに必死なのでしょう。
たいていのFX会社が日本語のセールスページを用意して、日本人を受け入れています。
ぶっちゃけて言えば、日本人は良い金づるなわけです。

特に日本人から人気の高い海外FX会社としてはFXDD、ペッパーストーン、xEmarkets(xが小文字なのは誤字ではありませんよ)、SevenFXといったものがあります。

FXDDは昔から日本人トレーダーになじみのある業者です。
基本レバレッジは200倍ですが、申請することで400倍にできます。
初回入金は10万円から、最小ロットは1000通貨からOKです。

ペッパーストーンは最近になって日本人利用No.1になりました。
レバレッジは400倍、最小ロットは1000通貨から、初回入金は200ドルからです。

xEmarketsは以前、経済破綻がチラつかされて有名になった、キプロスのFX会社です。
レバレッジは最大888倍!
最小ロットは10通貨から初回入金額の制限はありません。

SevenFXは最高レバレッジ1000倍という、超ハイレバレッジでのトレードができます。
スプレッドも比較的狭いとされており(時間によって広がることもあるようですが)、とにかくレバレッジをかけたいという人には人気がありますね。

Copyright(c) 2013 トレンドを知る All Rights Reserved.