性格が左右する

FXのリスクを最小限に抑える方法

FXは大きな利益を取れる反面、大きな損失をつくってしまうリスクもある投資です。
FXを始めた人のほとんどは1ヶ月以内に退場していきます。

どうすればこのリスクを最小限に抑えることができるでしょうか。
経験、と片付けるのは簡単ですがそれでは何の解決にもなりません。
それに、もっと簡単にリスクを下げることは可能です。

方法は大きく分けて3つ

1.エントリーポイントを絞る

2.ロットを落とす

3.損切りを早くする


1は最大のリスク軽減法です。
エントリーしなければ損失は生まれませんからね。もちろん利益も出せません。
要するに、利益が出せるところだけでエントリーをするということです。
もっと言えば、手法が決まっているのであればロジックから外れている相場ではエントリーしないということです。

2も大切ですね。
あまりにハイレバレッジでのエントリーばかりしていると、精神的な負担が大きくなり冷静な判断ができなくなります。
デモトレードだと好成績を出すのに、本物のお金を使ったとたんに調子を落とす人っていませんか?
メンタルとはそれほど重要なものなのです。
まずはすべてのトレードのロットを落とします。
勝てるトレード、勝てないトレードの違いがわかってきたら、自信のあるところは大きなロットで、自信がないところは入らない、たぶん勝てるけれど絶対ではないところは小ロットで、というようにメリハリをつければよいのです。

3ができるようになれば、今負けている人の8割は勝てるようになります。
FXは絶対に全勝できない勝負です。
無限ナンピンで勝つまでロットを増していけば理論上は負けませんが、それには膨大な資金が必要です。

とはいっても、なかなか難しいのが損切り幅の縮小です。
まずはエントリーポイントを考えます。このときに考えたいのは利益確定ポイント。
伸ばせるだけ伸ばして反発したら決済というのもアリといえばアリですが、それだと損切りと利益確定、どちらが大きいかわかりません。
勝率5割で損切りのほうが大きかったら、どんなにやってもトータルで負けてしまいます。
エントリー時にどちらが大きいかを想定し、損切りのほうが大きいのだったらエントリーを見送ります。

あとはエントリーしてしまったら、相場から離れるのも手です。
ずっと見ていると、逆行したらつい損切りポイントを変えてしまいたくなります。
そういう人は、エントリー・損切りポイント・利益確定ポイントを指値で入れたら、あとはパソコンから離れてしまいましょう。

Copyright(c) 2013 トレンドを知る All Rights Reserved.