性格が左右する

FXのトレンドを簡単につかむには?

為替相場には大きく分けて2つのパターンがあります。
1つは勢いよく下落・上昇を続けるトレンド相場と、一定の範囲を往復するレンジ相場です。
人によってはここに停止相場(まったく動かない相場)とランダム相場(どちらに行くかまったくわからない相場)を入れていますが、ここではトレンドとレンジの2つにします。

一般にはトレンド相場が全体の3割、レンジ相場が全体の7割といわれています。
レンジ相場のほうがエントリーチャンスが多く値動きが読みやすいとされていますが、レンジというのは相場をかえるエネルギーを溜めている状態です。
いつなん時、上昇・下降トレンドが起こってブレイクを起こすかわかりません。
そういう意味では、大きな潜在リスクをもった相場ともいうことができます。

特に初心者トレーダーを悩ませているのは、今の相場がトレンド相場なのかレンジ相場なのかがわからないというものです。
その結果、上昇トレンドを期待してエントリーしたもののレンジ内の一時的な上昇でそのまま元に戻ってしまって損切りや、レンジ相場が前触れもなくブレイクしてしまい大損を被ったといったことが起こります。

トレンド相場なのか、レンジ相場なのか。
初心者が目で見て理解しやすいのはインディケーターです。
たとえばADXというインディケーターは右肩上がりでトレンド発生、右肩下がりでトレンド収束、平行線でレンジ相場を表します。
値が25もしくは30を超えれば、強いトレンドが発生していると見ることができます。

ただ、インディケーターというのは相場の後付け。
遅れてきますので、ある程度割り切って使ったほうが無難です。

一番確実なのはチャートからトレンドを読むこと。
たとえば有名なダウ理論では、トレンドの継続を以下のように定義しています。

「直近の高値と安値が切り上がっていればアップトレンド、切り下がっていればダウントレンド」

要するに、レートが直近の安値を下回れば上昇トレンドは終了、下回らずに反転してしまえば下降トレンドは終了ということです。

ダウ理論はこのほかにも相場の先を予想する有益なヒントがたくさんありますので、一度勉強してみてください。

Copyright(c) 2013 トレンドを知る All Rights Reserved.