性格が左右する

FX取引のできる時間帯はいつ?

FXは株などと違い、いつでもトレードできるのが大きな魅力です。
日中しか時間の取れない専業主婦の方、夜しか時間の取れないサラリーマンの方など、やる人を選びません。
もちろん、時間帯によって相場の流れは変わってきますが、手法・ロジックでカバーしていきます。

外貨為替市場は24時間、開いています。
厳密には世界各国の市場が毎日8時間、どこかで開いているという形になります。
FXはインターバンク市場なのです。

以下にいくつか例を書きます(時間は日本時間)

ニュージーランド 6時から14時
オーストラリア 8時から16時
日本 9時から17時
香港 10時から18時
シンガポール 10時から18時
中東 14時から22時
ロシア 14時から22時
ドイツ 16時から24時
スイス 16時から24時
フランス  16時から24時
イギリス 17時から翌日1時
米国(東部) 22時から翌日6時

特に人気があるのは、ヨーロッパの市場とアメリカ市場が同時に開いている22時以降です。
為替が大きく動くために利益が多く取れるのと、比較的テクニカル通りの動きをしてくれるので動きが読みやすいからです。

市場にはそれぞれ夏時間と冬時間があり、市場によって開いている時間が1時間前倒し、または後ろ倒しになります。
要するに、北半球の国は後ろ倒し、南半球の国は前倒しになるということです。
ちなみに日本市場・ヨーロッパ市場・ニューヨーク市場は流通量が多く世界3大市場と呼ばれていますが、北半球になりますので冬時間はすべて1時間後ろ倒しになります。

また、市場自体はどこかが必ず開いているのですが、FX会社は早朝1時間程度、サーバメンテナンスを行います。
この時間はFX会社によってまちまちなのですが、基本的には5時から6時や6時から7時というパターンになっています。
ほとんどの人は世界3大市場の開始からトレードを始めますので、それほど気にしなくても良いでしょう。

最後に、各市場の休業日をまとめておきます。
市場はそれぞれの国の祝祭日にあわせて休みになります。
毎週ある休みは土曜日の朝、ニューヨーク市場の終了から月曜日のニュージーランド市場開始までが休みになります。
また、その国ごとの祝日・祭日も休みです。

日本ではクリスマスは休日と重ならない限り仕事がありますが、アメリカでは休み。
逆に日本では三が日は基本的に休みですが、アメリカでは2日から市場が開きます。

Copyright(c) 2013 トレンドを知る All Rights Reserved.