性格が左右する

宝くじとFXはどちらが儲かるのか?

まさかこんな馬鹿げた質問をしてくる人がいるとは思えませんが、せっかくですからまじめに考えてみましょう。
宝くじとFX、どちらが儲けられるでしょうか。

「当たる」とすれば、当然宝くじのほうが儲かります。一等1億円、キャリーオーバーを含めれば数億円です。
また海外のくじを買うこともでき、これが当選すれば数十億円を手にすることも可能です(半分以上税金で持っていかれますが・・・)。
利益率だけで見れば、FXなど足元にも及びません。

しかし、これはあくまでも「当たるとすれば」の話です。
昨年のデータによれば、1億円が当たる確率は1000万分の1。交通事故で死ぬ確率が1万分の1といわれています。
また、カジノで億万長者になる確率が60万分の1といわれていますから、ラスベガスに行くほうがよほど現実的です。

では、当選確率を上げるために多く買ってみたらどうでしょう?

まず100万円分を買ってみます。
当選金額の見込みは25万円程度ですから、75万円ほど損をします。
150万円分、買ったらどうでしょう。
当選金額の見込みは36万円ほどで、114万円ほど損をします。
いっきに1000万円分買ってみたらどうでしょう。
当選金額の見込みは230万円少々、損失は765万円前後になります。
・・・買えば買うほど当選確率が上がると思われていますが、実は買えば買うほど損失額のほうが増えていくのです。

もうひとつ、宝くじはやめておいたほうがよいのではないかと思うことがあります。
それは、当選したときのこと。
全員ではありませんが、宝くじに当選した人には不幸な末路をたどった人がたくさんいます。
失踪していたり、殺害されていたり、破産したり、薬物中毒になったりと、これならば当たらないほうが幸せでと思ってしまいます。

FXは宝くじに比べると地道ですが、それでも億万長者になれる可能性はあります。
しかし、そこで金の亡者になってしまった人はたくさんいます。
今から考えても仕方ありませんが、FXとレーダーとしての本当の成功は上手なお金の使い方ができることなのではないでしょうか。

Copyright(c) 2013 トレンドを知る All Rights Reserved.